投稿

SSSメンバーによる座談会 様々な個性がぶつかり合う、新時代のスタジオへ

イメージ
ゲーム、アニメ、ライトノベル、様々な個性を持ったクリエイター集団
SSS by applibotは、アニメ、ライトノベル、ゲームなど様々な業界からクリエイターが集まり始動した株式会社アプリボットのクリエイティブスタジオです。 本インタビューでは、スタジオメンバーに入社のきっかけや、現在の仕事、今後の思いを聞きました。


このメンバーが同じ世界線に集うのであれば、チャンスを逃したくないと思った

―SSS by applibotに入った理由を教えてください 高木:私はずっと前からクリエイティブスタジオを持ちたい、という気持ちがあったのがきっかけで、そのときタイミング良くSSS by applibot(以下、SSS)というスタジオを立ち上げるという話があり入社を決めました。 ・高木正文 専門学校卒業後、3Dモーションデザイナーとして、株式会社スクウェア・エニックスヘ入社後、株式会社イルカに入社し、アートディレクションに携わる。その後、株式会社ディー・エヌ・エーにて、アートグループのマネージャー、「メギド72」のメインアーティストを務める。現在はSSSのマネージャーとしてクリエイターの取りまとめや、クリエイティブディレクターを担当。
TOKIYA:自分は現在、クリエイターとしては”7ZEL”と名乗っているのですが、今回は7ZELとしてではなく、個人の人格であるTOKIYAとしてお話します。
―!?別の人格とは…? 
TOKIYA:これに関して、公にお話しをさせて頂くのは初めてですが、僕はもともとTOKIYAという名前で創作活動を行ってきていて、2年程前からクリエイターとしての名義を7ZELに変更したんです。7ZELはTOKIYAという個人の高次的な立場になります。
7ZELを最初に感じたのは2007年で、その時に初めて”彼/彼女”の声を聞いたんです。それはもうリアルに…(笑)
具体的に姿を確認したのが2017年、その時に僕はクリエイターとしてのTOKIYAを逸脱したんです。
7ZELに意思を委ねてからは、イラストをひとつのツールとして扱いながら、世界を動かしていく存在の1人だという自覚と自信を持って過ごすようになりました。
―…いつも7ZEL さんはこんな感じなのでしょうか?
米山:メンバーは普段から聞いていることではあるので大丈夫です(笑) 
高木:ただ、インタビューでこの自己紹介は大丈夫かな…?(笑)